アルガンオイルとホホバオイルは何が違う?比較情報まとめ!

美容や健康にいいオイルがたくさん流行しています。

 

食べて健康や美容に効果のあるもの、ボディケアやヘアケアに使用して効果のあるもの。

 

もちろん両方使えるものもたくさんありますよね。

 

食べるコスメオイルの一つとして最近再び注目を集めているアルガンオイル。

 

アルガンオイルも美容や健康にいいオイルの一つです。

 

2015年は様々なオイルが流行しましたよね。

 

 

ココナッツオイルやアマニオイル、エゴマ油など愛用している方もとても多いのではないでしょうか。

 

 

今回はアルガンオイルと、同じ美容に良いオイルとして人気のあるホホバオイルは何が違うのか、情報を集めてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アルガンオイルってどんなオイル?

 

 

アルガンオイル

画像引用元:http://mery.jp/26431

 

 

2016年のヒット予測で上位にランクインした「食べるコスメオイル」の一つであるアルガンオイル。

 

 

以前から美容に気を遣う方々の間では話題になっていましたよね。

 

 

化粧品やケア用品にも含まれていることが多いオイルで、私もいつも使っているシャンプー、コンディショナーにアルガンオイルが含まれていることに最近気が付きました。

 

意外と身近なところでアルガンオイルは使用されているんですね。

 

 

アルガンオイルはモロッコの限られた地域でのみ生息するアルガンツリーの実の核から採れる希少なオイルです。

 

 

「モロッコの黄金」とも呼ばれるアルガンオイルは美容への効果がとても高いオイルなんですよ。

 

 

古くから現地では病気の治療約としても使用されてきた健康にもいいオイルなんです。

 

 

そんなアルガンオイルにはオレイン酸やリノール酸が多く含まれています。

 

ビタミンEもとても豊富です。

 

このような成分が健康や美容に良い効果をもたらしてくれるんですね。

 

 

 

アルガンオイルの効果や効能については

 

アルガンオイルは2016年人気になる?特徴まとめ!

 

も参考にしてみて下さいね!

 

 

 

ホホバオイルってどんなオイル?

 

 

ホホバオイル

画像引用元:http://www.tatamyfire.com/

 

 

根強い人気のあるホホバオイル。

 

 

こちらもSNSなどでも良く見かけるオイルですよね。

 

 

ホホバオイルはホホバというカリフォルニアやメキシコなどの砂漠地帯に生息する多年草の種子から採れるオイルです。

 

 

「砂漠からの黄金の液体」とも呼ばれているそうですよ。

 

その名の通りホホバオイルは黄金色をしています。

 

 

酸化しにくいオイルで、天然のトコフェロールやアミノ酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどを多く含んでいます。

 

 

ワックスエステルと呼ばれる人の皮脂と同じ成分構造のものが含まれているので、お肌や髪の毛のケアに適しています。

 

 

お肌の表面のバリアの働きをしてくれるワックスエステルはお肌の水分を蒸発するのを防いでくれ、しっかりと保湿してくれます。

 

お肌にハリや潤いを与えてくれるオイルなんですよ!

 

 

唇の荒れにも効果があるそうです。

 

これからの季節はお肌や髪の毛だけではなく、唇の乾燥も気になりますよね。

 

 

私も唇は乾燥がひどく夏でもリップクリームが手放せません。

 

 

アルガンオイル同様ビタミンEを多く含んでいるので、アンチエイジングにも効果が期待できるオイルです。

 

保湿力が高く、皮膚を柔らかくする効果もあるので妊娠線の予防やセルライトの改善にも効果があるそうですよ!

 

 

妊娠線の予防は本当に気を遣いますよね。

 

私も妊娠4ヶ月くらいからしっかりとケアをしていました。

 

おかげで妊娠線があまり出らずに済みましたが、ケアをしないと妊娠線が出来残ってしまいますよね。

 

セルライトにも効果があるというのも気になります。

 

セルライトも出来てしまうとなかなか無くならないもので、女性は気にしている方も多いですよね。

 

 

ホホバオイルでそんな気になるセルライトが改善されるのなら試してみたいです。

 

 

ホホバオイルはアルガンオイルと同じように低刺激なオイルです。

 

しかも人の皮脂と近い成分が含まれているので、すべての肌質の方に合うオイルです。

 

 

赤ちゃんのおむつかぶれにも使用できるそうですよ!

 

 

我が家も娘が生後1ヶ月の頃におむつかぶれに悩まされました。

 

赤ちゃん用のワセリンでなんとか酷くなるのを抑えることが出来ましたが、ホホバオイルが使えるのは普段からホホバオイルを使用している方には嬉しいですね!

 

 

様々な美容への効果が期待できそうなホホバオイル。

 

アルガンオイル同様気になります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

アルガンオイルとホホバオイルの違いってなに?

 

 

美容や健康への効果が期待できるアルガンオイルとホホバオイル。

 

 

お肌や髪の毛に使用できるところや色が黄金色であることなどが似ている気がしますよね。

 

 

先程もご紹介した通り、まず違うのはその原料となる植物です。

 

アルガンオイルはアルガンツリーの実から。

 

ホホバオイルはホホバの種から採取されています。

 

 

含まれている成分にも違いがあり、アルガンオイルはオレイン酸、リノール酸、ビタミンEが豊富なのに対して、

 

 

ホホバオイルはトコフェノール、アミノ酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどが豊富です。

 

 

お肌や髪の毛のケアに使用できるところは同じですが、アルガンオイルは食用のオイルもあるのに対してホホバオイルは食用はされていないようです。

 

 

ホホバオイルは食べても害はないのですが体では消化できないオイルなんだそうです。

 

 

2016年に流行しそうな「食べるコスメオイル」にはホホバオイルは入らないんですね。

 

また色も黄金色ですが、アルガンオイルは薄い黄金色なのに対してホホバオイルは鮮やかな黄金色をしています。

 

 

見た目も少し違いがありますね。

 

 

とはいえ、どちらも乾燥対策に効果があり、髪の毛やお肌に良い効果を与えてくれるオイルです。

 

上手く使い分けることでさらにキレイに近づけそうですね!

 

 

本日のおさらい

 

 

今回はアルガンオイルとホホバオイルの特徴や違いなどをご紹介しました。

 

 

どちらも保湿力に優れたオイルで乾燥対策にはとても効果が期待できそうです。

 

これからの季節、乾燥は気になりますよね。

 

 

お肌やボディ、髪の毛の乾燥にアルガンオイルやホホバオイルを使用してみると良さそうです。

 

 

匂いや使用感、効果など自分に合った方のオイルを使用してみるのもいいかもしれません。

 

アルガンオイルは食用のオイルもあり、2016年に流行しそうな「食べるコスメオイル」の一つです。

 

 

ホホバオイルは食用には向かないオイルですが、アルガンオイルは食べることでも美容や健康にとても良い効果が期待できます。

 

 

お肌や髪の毛への効果や効能は良く似ているこの2つのオイルですが、食べれるかどうかが最大の違いかもしれませんね。

 

 

上手く使い分けて美容への良い効果を取り入れてみて下さいね!

 

 

アルガンオイルについては

 

アルガンオイルはシミへの効能が凄い?顔に使ってもおすすめ?

 

アルガンオイルは無印で買うのがおすすめ?販売店まとめ!

 

 

などにもまとめてあるので、参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ