ヘンプオイルはアトピーやがんにも効果あり?予防方法まとめ!

2016年も引き続き健康に良いオイルブームがまだまだおこっています。

 

少し数えただけでもココナッツオイルやアマニオイル

 

アルガンオイルなどいろいろなオイルが流行しましたよね。

 

そんな中でも今回は、ヘンプオイルと言われるオイルに注目してみました。

 

アトピーやがんにも何かしら影響があると噂ですが
その実態はどうなってるのでしょうか、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

ココナッツオイルより凄いスーパーオイル、それはヘンプオイル

 

ヘンプオイル

画像引用元:https://locari.jp/posts/22479

 

最近、健康に気を使っているセレブの間で話題のオイルがあります。

 

 

ココナッツオイルもそうですが、もっと凄いオイルがあります。

 

それはヘンプオイル、聞き慣れない名称ですが、原料はなんと、大麻の実!

 

 

え?違法では?幻覚症状を起こすのは大麻の葉や穂で、実の部分は違法ではありません。

 

 

しかも日本スーパーフード協会でも推奨しているほどの注目のオイルなのです。

 

 

このオイル、必須脂肪酸がおよそ80%と植物油の中でもダントツの含有量、しかもオメガ6系のリノール酸とオメガ3系のα-リノレン酸の割合が3:1、WHOや厚生労働省が推奨する割合が4:1なので、かなり理想型な植物油と言えます。

 

 

ヘンプオイルは生活習慣病はもちろん、アトピー性皮膚炎、認知症、癌にも効果あり!

 

 

さて、その効用ですが、リノール酸は血中コレステロールを減少させ、動脈硬化予防に、そしてα-リノレン酸は老化防止や血液の循環改善、アレルギー症状の改善に効果があると言われています。

 

 

さらに体内に取り込まれるとEPA、DHAに変換されます。

 

 

これらは主に青魚に含まれているのですが、脳によい成分なので、認知症やうつにも効果が期待出来ます。

 

そして、このヘンプオイル、γ-リノレン酸を5%程、含んでもいるのです。

 

このγ-リノレン酸、母乳等に含まれている成分で血圧安定、子宮筋を調節する、LDLコレステロールを低下させる、血糖値を低下させる、健康な皮膚を作る、アレルギーを抑える等、様々な効果があることがわかっています。

 

 

これだけでも、”スーパーオイル”であることがわかりますね。

 

 

アトピー性皮膚炎の人は血液中のγ-リノレン酸が健康な人と比較すると50%しかないことがわかっています。

 

ですから、すでにヨーロッパではアトピー性皮膚炎やリュウマチ等のアレルギー疾患の治療に使われているのです。

 

 

ちなみにα-リノレン酸、リノール酸、γ-リノレン酸の比率は2:5:1、理想的な比率だそうです。

 

 

その他、このヘンプオイルに含まれている栄養素は9種類の必須アミノ酸全てと銅や鉄、亜鉛等のミネラル類、たんぱく質、食物繊維、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEも含まれているのです。

 

 

特にビタミンEは抗酸化作用があるのはご存知ですよね。

 

 

これだけの栄養素が含まれているので、数ヶ月摂取するだけで生活習慣病はもちろん、癌の罹患率も下げることが出来ると言われています。

 

 

しかも食用以外には、保湿力と浸透性に優れていることから化粧品として使用されたり、あるいはアロマテラピーやマッサージ等のベースオイルとしても利用されています。

 

スポンサーリンク

 

 

ヘンプオイルはドレッシングに、シンプルにそのままかけても美味、1日大さじ1〜2でOK。

 

 

これだけ身体にいいオイルなんだから、たくさん摂取すればいいというのは間違い、適量、しかも効果的に摂取したいもの。

 

 

まず、加熱しないことが重要、40℃以上で成分が壊れてしまうので、ドレッシングやシンプルにそのままヨーグルト等にかける、が望ましいでしょう。

 

分量は大人なら1日あたりおおよそ大さじ1〜2でOK。

 

 

ただし、酸化しやすいので、開封したら、ちゃんと使い切りましょう。

 

さらっとしていて食べやすいので、工夫次第で美味しく、白身魚の刺身に塩、オイルだけでもイケるかも、です。

 

 

いますぐ買いたい!と思うのは無理からぬことですが、現在、日本のスーパーでは販売されていないようです。

 

 

お値段はちょい高めではありますが、健康第一、楽天市場の一部の店舗のみの扱いらしいので、調べてみてくださいね。

 

本日のおさらい

 

 

今回はヘンプオイルについてその効果や効能についてまとめてみました。

 

 

まだ日本のスーパーでは販売がされていないようなので、気になる方にとっては残念ですが、

 

今後、日本でも頻繁に見かけるようになったぜひ摂取してみたいオイルですよね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ