ヘンプオイルの気になる効果や効能は?食べ方まとめ!

オリーブオイル、ココナッツオイル、エゴマ油、米油…最近では「健康油ブーム」といっても良い程多くの油が多く出回っていますよね^^

 

 

油、オイルというと思わず「太る」「コレステロール」等を想像してしまいがちでしたが、

 

 

最近では「油、オイル=ヘルシー、健康作りに欠かせないもの」という意識に変わってきているのは確かではないでしょうか。

 

 

今回はそんな健康オイルブームで新たに注目を浴びている「ヘンプオイル」についてその効果や効能、食べ方をまとめてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

 

ヘンプオイルとは?

 

ヘンプ

画像引用元:http://asafuku.net/?p=417

 

 今一番注目されているという「ヘンプオイル」。あまり聞いた事のない名前ですが、一体原料は何から出来ているのでしょうか?

 

 

実は「ヘンプ=大麻、麻」。大麻?!

 

 

大麻と聞くと日本では社会問題にもなり、違法とされているマリファナ等の薬物ですよね。

 

 

ヘンプオイルはそんな大麻の実から抽出されているオイルなのです!

 

 

…という事はヘンプオイルも日本では違法な物なのでは?!

 

 

と心配になってしまいますよね?でもご安心ください!

 

 

実は違法薬物と言われる大麻、幻覚作用があるのはその葉や穂の部分のみなのです。

 

 

したがって、麻の実は違法でもなければ危険物質ではないとの事です。

 

 

さらに、実は「麻の実」、食用とされている種子の中でも群を抜いて栄養価が高く、食用として健康維持やダイエットに効くだけでなく、肌にも使用出来るため、美容品としても注目を浴びているオイルなのです。

 

ヘンプオイルの販売店まとめ!カルディやコストコでは?

 

ヘンプオイルの効果や効能は?

 

悩む女性

 

では、気になるヘンプオイルの効果は一体どのようなものなのでしょうか。

 

 

まず、知っておくべき栄養素としてヘンプオイルは必須脂肪酸の含有量がなんと80%もあるという事です。

 

 

必須脂肪酸とは人間が体内で作り出す事のできない栄養素の一つで、細胞やホルモンを作る重要な栄養素なのです。

 

 

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを始めとする肌や身体にやさしい栄養素はもちろんの事、ヘンプオイルは必須脂肪酸のオメガ3系とαリノレン酸の含有量、そしてオメガ6系のリノール酸、yリノレン酸と合わせたバランス共にとても優れている事でも注目を浴びているのです。

 

 

この必須脂肪酸の働きのおかげで脳の活性化や成長、ストレスの緩和や心のバランスを保つ効果が得られます。

 

 

もちろん効果はそれだけではなく、ヘンプオイルの持つ豊富な栄養素は次のような効果も期待できます。

 

  • 血液循環対策作用
  • 血中コレステロールの減少
  • 美肌効果

 

このように、健康面だけでなく、美容効果にもちゃっかり期待できてしまうのがヘンプオイルの万能な所ですねぇ。

 

 

こんなに盛りだくさんの栄養効果が一度に採れてしまうなんて、ヘンプオイル生活を始めたら身体の中も外もきれいに健康になれそうでわくわくしてしまいますね〜^^

 

スポンサーリンク

 

 

ヘンプオイルの食べ方まとめ!

 

 

パン

画像引用元:http://www.photo-ac.com/main/detail/138320?title=パン3

 

健康オイルブームの中でも群を抜いて栄養価が高いと言われている「ヘンプオイル」。

 

 

オイルという事で、パンに塗ったり、サラダにドレッシングとして代用したり、色々と使い勝手もよさそうなイメージですが、私が是非食べてみたいと思ったヘンプオイルのおすすめとされるおいしそうな食べ方をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

私が特に気になっている食べ方は「ヘンプオイル×和食」バージョンです。

 

 

TKGでおなじみの卵かけごはんにヘンプオイルをかけるだけという簡単レシピ!

 

 

この組み合わせは最高なんだそうで、今同じく流行りの「冷凍卵」を使った卵かけごはんにヘンプオイルとお醤油を垂らして食べたらきっとものすごく濃厚な朝ご飯になりそうですよね〜^^。

 

他にも納豆に入れて食べるやり方やお味噌汁といった組み合わせもあるので和食にも合いやすいオイルとしては重宝しそうです!

 

 

もちろんヘンプオイルは和食だけでなく洋食にも相性はばっちり!

 

 

サラダはもちろん、朝ご飯のシリアルやヨーグルトにも意外や意外、組み合わせとしてはアリなんだとか。

 

 

他にも定番としては豆乳と混ぜて自家製ヘンプオイルマヨネーズや、チーズやトマト等のマリネ液として、さらにカルパッチョとしてもそのまま使用できるので栄養価は下がらずに摂取できますよ〜^^

 

 

ここで一つ、ヘンプオイルの食べ方の注意点としては、アマニ油やえごま油といった同じく健康オイルと一緒で、熱に弱いという特徴です。

 

 

なので炒め物や揚げ物に使うよりかは生のまま使用した方が、栄養素を崩さずに効果的に摂取できるというわけです。

 

 

また、酸化に弱い為、開封後は冷蔵庫で保管し、2ヶ月程で使い切るのを目標にした方がよいそうです。

 

ヘンプシードオイルの効能まとめ!肌への効果はどう?

 

本日のおさらい

 

ココナッツオイルやえごま油等の今や定番化してきた健康オイル立ちに比べるとまだ身近に感じる事のないヘンプオイルかもしれませんが、

 

 

その高い栄養価と健康、美容効果はこれからブームが来るのは間違いないのではないでしょうか。

 

 

少しお値段は高めですが、毎日の健康の為にヘンプオイル生活、始めてみてはいかがでしょう^^

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ