MCTオイルのダイエットにおける使い方は?コーヒー以外に豆乳に入れるのもおすすめ!

オイルブームが続いていますが、皆さんはどのようなオイルを生活に取り入れていますか?

 

MCTオイルというオイルを聞いたことがある方も多いかもしれません。

 

今回はMCTオイルのダイエットにおける使い方や完全無欠コーヒーについて、MCTオイルは豆乳に入れるのもおすすめなのかなどをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

MCTオイルのダイエットにおける使い方は?

 

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_s

 

MCTオイルというオイルをご存知でしょうか?

 

ここ数年は冷めやらぬオイルブームで、健康にいいと言われるオイルをご家庭で使っているという方も増えていますよね。

 

私もオリーブオイルやココナッツオイルなどを愛用しています。

 

MCTオイルとはどのようなオイルなのかまだ知らないという方も多いですよね。

 

MCTオイルのMCTとはMedium Chain Triglycerideの略で、中鎖脂肪酸油という意味です。

 

ココナッツやパームなどのヤシ科の植物の種子に含まれている成分で、サラサラとしていて無味無臭なのが特徴のオイルです。

 

中鎖脂肪酸はココナッツオイルや牛乳、母乳などにも含まれていますが、健康や美容にいいと言われているココナッツオイルには60%ほど含まれているのに対してMCTオイルはその100%が中鎖脂肪酸です。

 

中鎖脂肪酸100%のMCTオイルは摂取してからエネルギーになるまでの時間が一般的な油に比べて早く、体脂肪として体に残りにくいのでダイエットにはもってこいのオイルなんですよ!

 

MCTオイルはヘルシーで良質な脂肪です。

 

MCTオイルを摂取することで、栄養の吸収が高まるだけではなく代謝を促してくれます。

 

代謝が上がればダイエットにはとても有効ですよね!

 

さらにMCTオイルに身体に蓄積された脂肪を分解して排出してくれる働きもあります。

 

また余分な脂肪や糖などを吸収しなくなるので、エネルギーを消費しやすくなりダイエット効果が得やすくなるんです。

 

 

また中鎖脂肪酸は体脂肪を燃焼させてくれるケトン体を効率よく生成することができるんですよ。

 

ケトン体という言葉を聞いたことがある方も多いかもしれません。

 

通常人間の身体はブドウ糖をエネルギー源として活動しています。

 

そのブドウ糖が体内に不足している状態になると脂肪を燃焼させてエネルギーとして使うようになるのですが、この時に肝臓で作られるのがケトン体と呼ばれるものです。

 

ケトン体は通常はこのように飢餓状態にならないと作られないのですが、中鎖脂肪酸はブドウ糖が体内に十分にある状態でもケトン体を作り出してくれる働きをします。

 

なので、脂肪が燃焼されやすくなるんですね。

 

 

ダイエット目的でMCTオイルを摂取することで、脂肪を燃焼しやすい体にしてくれるだけではなく食欲も減少するので食事の量が減り、間食などを抑えることができるようになるんです。 

 

MCTオイル入りの完全無欠コーヒーが痩せると話題!

 

ダイエットに効果的な作用をしてくれるMCTオイル。

 

そんなMCTオイルが入った完全無欠コーヒーをご存知ですか?

 

このコーヒーを飲むことで1日に0.5㎏ずつ体重を減らすことができると言われているんです。

 

完全無欠コーヒーはダイヤモンド社から販売されている「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本で紹介されて話題になっているんです。

 

実際に著者であるディブ・アスプリーさんは体重を140㎏から50㎏以上の減量に成功されています。

 

saikyo

画像引用元:http://books.rakuten.co.jp/rb/13354097/

 

この完全無欠コーヒーを朝食の代わりに飲むダイエット方法で、朝食の代わりに飲むことで空腹を感じにくくなり、食事の量を抑えることができます。

 

さらにMCTオイルが脂肪を分解、排出してくれます。

 

完全無欠コーヒーは1杯分のコーヒー豆、20gのグラスフェッドバター、10gのMCTオイルで作ります。

 

グラスフェッドバターというバターは聞いたことがない、どのようなものか知らないという方も多いですよね。

 

グラスフェッドバターは牧草のみを食べて飼育された牛のミルクから作られる無塩バターです。

 

普通のバターと比べてビタミンAやビタミンD、ビタミンEが豊富で他にも体にいいと言われている成分が多く含まれているバターです。

 but

画像引用元:http://item.rakuten.co.jp/seijoishii/3523230000819/

 

このグラスフェッドバターとMCTオイルを、温めておいた蓋のついたボトルに入れておきます。

 

そこに熱々のコーヒーを注いで蓋を閉めたらしっかりと振ってバターとオイルをコーヒーと混ぜ合わせます。

 

振っただけでは上手く混ざり合わせることができないという方はコーヒーカップにバターとオイルを入れ、コーヒーを半分ほど注いでからハンドミキサーで混ぜるようにしましょう。

 

ハンドミキサーを使用してしっかりと混ぜ合わせ、コーヒーが泡立ったら残りの半分のコーヒーを注ぎます。

  

しっかりとバターをオイルを溶かし、混ぜ合わせることがとても大切です。

 

バターやオイルを溶かすとミセルという状態に分解されます。

 

この状態にすることで、脂肪をエネルギーに変換してくれるようになるんですよ!

 

 

 

・あのダイエット、このダイエット…とさまよってきましたが(笑)

私にあってた、シリコンバレー式完全無欠コーヒーダイエット。

10日で3キロ、減りました*\(^o^)/*

 

口コミ出典:https://twitter.com/

 

 

 

・完全無欠コーヒーを飲み始めて1ヶ月、体重-3kg 体脂肪-2%。

すごい効果。

 

口コミ出典:https://twitter.com/

 

SNSなどでも完全無欠コーヒーは話題になっています。

 

ダイエットに取り入れている方も多く、実際に痩せた!という方も多く見られました。

 

ですが注意も必要です。

 

はじめてMCTオイルを摂取する際にはお腹が緩くなってしまう可能性があります。

 

完全無欠コーヒーをはじめて飲む方、MCTオイルをはじめて摂取する方はオイルの量を少な目から始めてみて下さいね!

 

MCTオイルは豆乳に入れるのもおすすめ!

 

oilnomu

 

MCTオイルをダイエットに活用してみたいけれど、コーヒーが苦手。

 

コーヒーに飽きてしまったらどうしたらいい?という方もいらっしゃるかもしれません。

 

気軽に摂取するのならドリンクメニューがいい!という方も多いですよね。

 

MCTオイルは豆乳に入れて飲むのもおすすめです。

 

豆乳は食事に取り入れているという方も多いのではないでしょうか?

 

女性ホルモンに似た働きをしてくれるイソフラボンが豊富で、美容にもいい豆乳。

 

そんな豆乳にMCTオイルを入れるだけならとても簡単で気軽に試せますよね。

 

MCTオイルを入れても味が変わらないので、豆乳にオイルを入れても飲みやすいのでおすすめです。

 

またMCTオイルをはじめて飲む場合や過剰摂取した場合にお腹が緩くなってしまったり、腹痛を感じたりすることがありますが、豆乳などの乳製品と一緒に摂ることでそのような症状も出にくくなります。

 

もちろん量は少量から試してみて下さいね!

  

さらにしっかりとストイックにダイエットをしたい!という方には豆乳とMCTオイルを使用した方法もあります。

 

畠山昌樹医師著書の『「糖質成分+中鎖脂肪酸」で確実にやせる!驚異のMCTオイルダイエット』という本に詳しい方法などが記載されています。

 

mctoil

 

画像引用元:https://honto.jp/netstore/pd-book_27611403.html

 

テレビ番組などでも紹介されたようですが、1週間目は食事のメニューは豆乳とMCTオイル、野菜ジュース、150kcalのおかずが基本で2週目はさらに食事量が減少するダイエット法です。

 

かなりハードなダイエット方法なので、行う際には自己判断では行わないようにしましょう。

 

気軽に始めたい!そんなにハードなのは無理。

 

という方は普通に豆乳に混ぜて飲んでみるだけでもダイエット効果は期待できるので試してみて下さいね!

 

本日のおさらい

 

今回はMCTオイルのダイエットにおける使い方や完全無欠コーヒーについて、MCTオイルと豆乳の組み合わせご紹介しました。

 

完全無欠コーヒーは材料を揃えるのに最初は手間取りそうですが、コーヒー好きとしてはかなり気になります。

 

味もとてもおいしい!という声が多く見られたので、美味しい上にダイエットに効果的だなんて試してみたくなりますよね!

 

MCTオイルを賢く活用することで、しっかりと脂肪を燃焼しやすい体づくりをしていくことができそうです。

 

まだ試したことがない方もぜひMCTオイルでのダイエット、試してみて下さいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ