MCTオイルとは?気になる効果や口コミまとめ!

MCTオイルをご存知でしょうか?

 

痩せたい、でもキツイ運動は続かないし、食事制限も続かない…。

 

痩せたい人の共通の悩みではないでしょうか。

 

でも体重の増加は、こわい生活習慣病などの病気へのリスクも高まるといいますし、せめて現状維持、できればあと3kg、いや5kgなんとかしたい…。

 

「為せば成る、成さねば成らぬ何事も」

 

さあ!何か始めなければ!

 

そこで今回は、痩せたい人必見のMCTオイルの気になる効果や口コミをご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

MCTオイルとは?

 

mctoil

画像引用元:http://dietcamp.me/mct-oil/

 

最近は、美容や健康に関して、いろんなオイルが紹介されていますね。

 

その中でも、ココナッツオイルはかなり定番になってきたのではないでしょうか?

 

MCTオイルは、同じくココナッツ由来のオイルですが、ココナッツオイルとは、中鎖脂肪酸の含まれる割合が違ってきます。

 

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸の含有量が全体の約60%なのに対し、MCTオイルはなんと、中鎖脂肪酸が100%のオイルなのです。

 

中鎖脂肪酸は、代謝を高める働きがあり、身体に溜まった脂肪を分解して、脂肪を優先的にエネルギーに活用する働きがあります。

 

そのため、摂った油もすぐにエネルギーとして消費し、体に溜め込まないのが一番の特徴です。

 

最近のダイエットでは、この中鎖脂肪酸が体に働きかける作用を活用して、食べないのではなく、中鎖脂肪酸を摂って、糖質を制限することで、脂肪をどんどん燃やすというタイプが主流になりつつあるようです。

 

MCTオイルはどんな方法で摂取する?おすすめの飲み方まとめ!

 

MCTオイルはどんな効果が期待できる?

 

疑問を抱く女性

 

MCTオイルを摂って、中鎖脂肪酸を摂り込むことで、体質の変化が期待できます。

 

本来身体は、エネルギー源として1番にブドウ糖を活用します。

 

そして、ブドウ糖がなくなることで脂肪をエネルギーに変換し始めます。

 

その為、ブドウ糖を活用するよりも早く食事をとる生活をしていると、脂肪は身体に蓄えられてしまいます。

 

中々痩せることができない人はこの点を覚えておいて下さいね。

 

ところが中鎖脂肪酸は、食事などで摂取されると、すぐ肝臓に直行して、一番のエネルギー源として、ブドウ糖より先に活用されるという性質を持っています。

 

MCTオイルに含まれている成分ですね。

 

そして、中鎖脂肪酸のすごいところは、食事で摂った脂肪をエネルギーとして使い切っても、引き続き体に蓄積されている脂肪を分解して、エネルギーとして使い続けるというところなんです。

 

ブドウ糖を温存しつつ、エネルギーには体に溜まった脂肪を使うので、血糖値が保たれ、空腹を感じにくく、運動の持久力もUPするのです。

 

ただし、いくら脂肪を優先的に活用するといっても、あまりにもたくさんブドウ糖があっては、脳は騙されてくれませんので、中鎖脂肪酸の効果を最大限に発揮できません。

 

そこで今流行っている、糖質制限とセットにされるダイエッターが多いのです。

 

常に脂肪燃焼モードになれば、放っておいても脂肪を優先に消費してくれる身体になり、ダイエット成功が夢ではなくなるわけですね。

 

スポンサーリンク

 

MCTオイルの気になる口コミは?

 

耳をすます女性

 

通販サイトで、MCTオイルを購入された方の口コミをみてみました。

 

【不評編】

 

・値段がもう少し安かったらいいのに…。

・お腹を下してしまった。

・炒めたり、揚げ物に使えないので、残念。

 

【好評編】

 

・ココナッツオイルのように独特の風味がないので、何にでも合わせやすい。

・お医者さんに勧められて愛飲中。中性脂肪の値が下がった。

・さらっとしていて、何にでも混ぜやすいので、手軽。

・腹持ちがよく、眠気がスッキリする。

・MCTオイルを摂取するようになっただけで、3kg体重が減った。

 

色々な意見が出ていますが、用途が少し限られることと値段を気にしないのであれば、健康の手助けをしてくれるオイルになりそうですね。

 

中鎖脂肪酸が多く含まれているMCTオイルに興味がある方はぜひチェックしてみて下さいね。 

 

MCTオイルには危険性や副作用はない?1日の適正な摂取量まとめ!

 

本日のまとめ

 

【不評編】であるように、お値段は100gあたり約600円〜900円くらいしますので、お高いのが難点です。

 

また、体質によってお腹が下したり、胃痛を感じたりすることがあるので、小さじ1程度から試される事をオススメします。

 

ちなみに、一日の摂取量の目安は大さじ2程度です。

 

そして、MCTオイルは150℃くらいで煙が出ますので、高温調理には向きません。

 

1型糖尿病の方や血糖値が高く、医師にかかられている方の摂取については、必ず医師に相談するようにしてください。

 

【好評編】にある口コミは、MCTオイルの中鎖脂肪酸が、いい仕事をしてくれていますね!

 

MCTオイルは、ほとんどニオイや味が気にならず、サラッとしているので、使いやすいと思います。

 

何も試さないより、MCTオイルを摂って、体質チェンジから始めてみませんか?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ