ココナッツオイルが認知症に効果あり?口コミの真相は?

美容、健康、ダイエットに効果があると人気のココナッツオイル。

 

皆さんはどのように活用されていますか?

 

 

私はコーヒーに入れて飲んだり、料理に利用したり、ヘアケアやボディケアに使用しています。

 

昨夜ココナッツオイルを使い切ってしまったので、今日は新しい瓶を購入しさっそく用途ごとに小分けにしました。

 

 

健康の為にココナッツオイルを摂っている方も多いと思いますが、ココナッツオイルが認知症に効果がある、という情報がありますよね。

 

 

今回はココナッツオイルが認知症に効果があるのか、口コミの真相を調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

ココナッツオイルが認知症に効果があるの?

 

美容や健康、ダイエットに効果があり、食べても塗っても良しのココナッツオイル。

 

 

万能オイルとして注目され、まだまだブームが続いています。

 

男性と女性

画像引用元:http://health-to-you.jp/dementia/kokonattuoiruninti5599/

 

 

そんなココナッツオイルが認知症にも効果があるとか・・・。

 

 

テレビでも度々取り上げられていますよね。

 

 

私も以前「とくダネ!」でココナッツオイルの認知症への効果の特集を見たことがあります。

 

 

まず普通の状態で簡単なテストを行い、その後ココナッツオイルを摂取して少し時間を置いた後に同じテストを行うと回答率がすごく良くなるんです。

 

 

そもそも認知症とはどのような病気なのでしょうか?

 

 

なんとなくは知っていても詳しいことは良く分からない方が多いのではないでしょうか?

 

 

認知症は2012年には65歳以上の高齢者のうち15%がそうである、と言われた病気で決して他人事ではないものです。

 

 

認知症にも種類があります。

 

 

・アルツハイマー型認知症

・脳血管型認知症

・レビー小体型認知症

・前頭側頭型認知症

 

 

の4種類です。

 

 

ですが、その中でも一番多いのがアルツハイマー型認知症で全体の約60%を占めています。

 

 

ココナッツオイルはその一番多いと言われるアルツハイマー型認知症に効果があるそうです。

 

 

アルツハイマー認知症になると、物忘れから始まり段取りが立てられなくなったり、気候に合った服を選べなくなったり、薬の管理などが出来なくなったりするそうです。

 

 

認知症は見た目は健康なので分かりづらいのが難点ですよね。

 

 

早期発見、早期治療が効果的なようですが、現段階では認知症から元の状態に戻すことは難しいそうです。

 

 

本人だけではなく家族を始め介護をする側も大変な認知症。

 

 

そんな認知症にココナッツオイルが効果がある、というのは嬉しい情報ですよね。

 

 

・7年前にアルツハイマーを発症した母と
人物の名前を言う事をしてみた…
真面目に取り組んで、遥かに私の出来が悪かった…(´・_・`)
物忘れの酷いワタシ…
一年前より、明らかに改善してきている母。
考えられるのは
ココナッツオイル。
私も始めた方が良いかも。

口コミ出典:https://twitter.com/

 

 

お母様がココナッツオイルでアルツハイマーの症状が改善された、という情報がありました。

 

実際に効果のある方がいると聞くと安心して試すことができますよね。

 

どうしてココナッツオイルが認知症に効果があるの?

 

実際に効果を実感している方もいるココナッツオイルの認知症への効果。

 

 

なぜ認知症にココナッツオイルが効果的なのでしょうか?

 

 

アルツハイマー型認知症は脳のエネルギー源であるブドウ糖が吸収されにくくなることで起こります。

 

 

脳が栄養源であるブドウ糖を吸収できなくなると脳の栄養不足になってしまい脳の細胞が死滅してしまうんです。

 

それによって影響が出るんですね。

 

 

そんな栄養不足の脳に栄養を与えてくれるのがココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸です。

 

 

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が豊富に含まれていますよね。

 

その中鎖脂肪酸は肝臓で分解されてケトン体という物質を作り出します。

 

 

そのケトン体がブドウ糖の代わりに脳の栄養になってくれるんです。

 

 

元々ケトン体は体内でも作りだされる物質ですが、体内のブドウ糖濃度が低い時にしか作られません。

 

 

アルツハイマー型認知症に効果があると言われるケトン食事療法というものがありますが、とても大変で通常一日のカロリー摂取の60%を占める炭水化物をこの治療法では2%前後に抑えなければいけないのです。

 

 

炭水化物を抑えたうえで、必要なカロリーやタンパク質を脂肪から摂取しなければならないのでメニューを考えるのも大変ですよね。

 

 

ですが、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸は炭水化物の摂取量に関係なく体内でケトン体に変換されるのです。

 

 

ケトン体を効果的に作り出すことができるので効率よく脳に栄養を与えることができるんです。

 

 

大変な食事療法をしなくてもケトン体が作りだされるのは嬉しいですね。

 

 

ココナッツオイルを摂取して作られたケトン体は脳のエネルギーとして使われてしまうので、血液中のケトン体濃度を維持するために一日3回、一回に大さじ1杯程度のココナッツオイルを摂取するといいそうです。

 

 

食事の最中や食後に摂るのがいいそうなので、食事に混ぜたり食後のドリンクやデザートに入れて摂るのが簡単で良さそうですね。

 

スポンサーリンク

 

ココナッツオイルは認知症の予防と治療、どちらに効果があるの?

 

ココナッツオイルが認知症に効果があり、またしっかりとした理由があることが分かりました。

 

 

中鎖脂肪酸が作り出す、ケトン体に秘密があったんですね!

 

そんなココナッツオイル。

 

食事と一緒に摂るだけで認知症に効果があるので、続けやすく簡単ですが治療と予防のどちらに効果があるのでしょうか?

 

 

先ほどもご紹介したように脳への栄養が不足して起こる認知症。

 

うまく吸収されなくなったブドウ糖の代わりにケトン体を脳のエネルギーとして使用することで改善されるので、ココナッツオイルを摂取して血液中のケトン体濃度が上がればすぐにでも認知症の改善に効果が見られるそうです。

 

 

完全に認知症になる前の状態に戻せる、とは言えませんが、症状を軽減させる効果は十分にあるのではないでしょうか?

 

 

効果には個人差があるので、すぐに改善される場合もありますが続けていくうちに改善されていく場合もあるそうです。

 

 

改善に効果があるので、もちろん認知症予防にもココナッツオイルは効果を発揮してくれます。

 

 

脳への栄養不足になる状態を防いでくれるので、認知症の予防にもなりますよね。

 

 

実際に予防の為にココナッツオイルを摂取している方が多いですよね。

 

 

また生活習慣を見直すことも認知症予防に効果があります。

 

ココナッツオイルの摂取だけではなく普段の食事や軽い運動など生活習慣を見直すことも認知症予防には効果的です。

 

 

認知症予防の為にココナッツオイルに頼るだけではなく生活を見直し、規則正しい生活をすることも大切ですね!

 

 

本日のおさらい

 

今回はココナッツオイルが認知症に効果があるのか、ココナッツオイルが認知症予防、改善にどう作用するのかなどをご紹介しました。

 

 

ココナッツオイルの中鎖脂肪酸はダイエットだけではなく認知症の予防、改善にもしっかりと効果を発揮してくれるんですね。

 

 

植物性なので、薬とは違うのも健康面を考えると安心ですし、副作用がないのも嬉しいところではないでしょうか?

 

 

本人も介護をする側も大変な認知症。

 

しっかりと予防、改善をしていきたいですよね。

 

 

まだココナッツオイルを試していない方は認知症の予防、改善の為に生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

ココナッツオイルについては

 

ココナッツオイルで健康に!中鎖脂肪酸とラウリン酸が凄い?

 

ココナッツオイルの効果まとめ!本当に役立つ効能6選!

 

などもぜひ参考にしてみて下さいね!

 

またココナッツオイルの香りや味が苦手な方は

 

ココナッツオイルはサプリも人気?ランキングまとめ!

 

 

こちらの記事も参考にしてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ