スーパーオイルのギーとは?流行の可能性や気になる効果まとめ!

最近では色々なスーパーオイルが紹介されていて、それぞれにうれしい効果が期待できますよね!

 

スーパーオイルというと、新しい物かと思いますが、

 

意外と昔から使われてきたものが、最近の研究によって、その良さや新たなる効果が見直され、紹介されているものがほとんどなんです。

 

今回は、インドを中心とした南アジアで、古くから愛用されていて、特にインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」ではかかせない万能オイル、「ギー」についてその流行の可能性や気になる効果をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

スーパーオイルのギーとは?

 

gi-

画像引用元:http://d.hatena.ne.jp/cocoa1127/20120531/1338447629

 

ギーとは、発酵無塩バター(インドでは「マカーン」といいます。)を煮詰め、水分やタンパク質、不純物を取り除いた、純粋な乳脂肪です。

 

インドでは、ヒンドゥー教の礼拝で神像を清めたりといった、宗教儀式にも使用されます。

 

インドの伝統医学アーユルヴェーダにおいては、どんなドーシャ(体質)も鎮静させ、消化力を高めるものと言われていて、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす効果もあると言われています。

 

色は黄色い色をしていて、香りはバターのような、でもバターより軽く、旨味にあふれた香ばしくて甘い香りをしています。

 

お料理やお菓子作りだけでなく、マッサージ、目のケアなど、様々な用途に使用されています。

 

ギーの栄養素として特徴的なものは、次の通りです。

 

・中鎖脂肪酸…脂肪が他の器官を介せず、直接肝臓に送られ、速やかにエネルギーとして使われます。

 

・ブチル酸…ビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きがあります。ウイルスや癌細胞から体を守ったり、炎症やアレルギーを抑える免疫細胞(T細胞)に働きかけ、増やす働きがあります。

 

・共益リノール酸…蓄積した脂肪を分解・燃焼するサポートをしたり、血流を良くして、全身の代謝をUPさせる働きがあります。体内では作られず、食品からも摂りにくいものといわれています。

 

・ビタミンA・D・E…肌や目・体の様々な箇所の健康に作用する、脂溶性のビタミン。

 

ギーは、オイルなのですが、ビタミンEやリノール酸などの働きで、酸化しにくく、熱にも強く、その上長期保存(半年から、保存状況が良ければ数年)が可能です。

 

また不純物を除いた、純粋なオイルなので、乳糖不耐症の方でも使用出来るうれしいオイルです。

 

ギーの美味しい作り方まとめ!販売店でのおすすめはカルディ?

 

スーパーオイルのギーはこれから流行しそう?

 

疑問を抱く女性

 

日本人に馴染みがある話題で言えば、タレントのローラさんが、クックパッドのトレンドベスト10に4つのレシピをランクインさせ、クックパッドアワード2015「ベストクッキング賞」を受賞されたことをご存知でしょうか?

 

そんなローラさんが作るレシピの中でもギーが使われていて、情報に敏感な方の間で、既にギーは有名になっています。

 

インターネットのショッピングサイトを覗いてみましても、ギーはたくさん販売されていますし、お店によっては時に品切れもあるようですので、今後益々流行の予感!?

 

スポンサーリンク

 

 スーパーオイルのギーはどんな効果が期待できる?

 

悩む女性

 

ギーのもつ栄養素の効果には、様々なものが報告されています。

 

・抗酸化作用

・免疫機能調整

・アレルギーの緩和

・抗炎症作用

・エネルギーの速やかな補給

・肥満予防

・便秘解消

・目の健康維持と視機能改善

・消化機能促進

 

アーユルヴェーダにおいては、オージャス(生命エネルギーのもと)を高める万能オイルとして知られていて、

 

上記以外にも、解熱・疲労回復・血行促進・強壮・傷の治癒・・鼻の不調改善など…とにかく様々な症状の対策のために使用されています。

 

気になる方はぜひギーをチェックしてみて下さいね。

 

ギーの美味しい作り方まとめ!販売店でのおすすめはカルディ?

 

本日のまとめ

 

ギーは、インターネットで口コミを調べてみると、その効果にある通り、アトピーの方の肌に塗って効果が出ていたり、食事を作る際の油として利用することで、肌の調子が整ってきたり、便秘が解消されたり、風邪をひきにくくなったといった声が上がっています。

 

また、ダイエットサポートとしても効果的なので、ぜひ摂りたい栄養と言えそうですね!

 

皆さんもぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ